2013年06月21日

ハモンセラーノ バビージャ30ヶ月長期熟成 部位特徴・体験レポ3

>>【星付きレストラン御用達生ハム】ハモンセラーノ(バビージャ)30ヶ月以上熟成


今日もミニブロック生ハムカットに励みました。
昼間、外食していたら急に思い立ったんです。
早く帰って生ハム食べようって(*^_^*)
P1030362.JPG
帰宅するや否やハモンセラーノ ミニブロックをカット!!
どう?昨日よりも感じよくカット出来てるでしょ?

生ハムは冷蔵庫から出してカットしてすぐに食べるのではなく、
30分くらい空気に触れさせたほうがこなれると聞いていたので、
しばらく放置しました。
そのあいだに写真をパチリ♪
P1030363.JPG
だんだんツヤが出てきて良い感じになってきたところで
チビッと食べてみる。

買ったばかりのとき感じたクセも感じなくなってきてる。
あいかわらずうす塩で、お肉の味がよくわかるなぁ

脂が少ないから扱いやすいししつこくない。
これはバビージャと呼ばれる赤身の部分(シンタマ)だから。
生ハムは部位って重要ですよ。
おなじ会社でも同じ原木でも部位によってかなり食感も味も違ってくるから。


生ハムの部位と特徴を簡単にあげると・・・
・マサ(外もも・内もも)
最高級の部位で霜降りになる部分。
見た目も断面がきれいなのが特徴。
お値段もそれなりに張ります!

・コントラマサ(ランプ)
少し乾燥しがち
脂にくせがなく味わいがある

・バビーシャ(シンタマ・シックフランク)
赤身が多くほとんど脂がない
やや乾燥ぎみ
深いコク、味わいがある

・ピエルナ(スネ)
足首の部分で締まっている
味わいが深い
噛みごたえがたのしめる

今まで知らずに、スーパーのスライスだけ食していたけど、
生ハムって奥が深いんですよ。
塩分もぜんぜん違うし。。。

主人はチビチビ食べるどころかパクッと食べてしまった。
ああ〜もったいないよ〜





posted by mayu at 10:48| 生ハム美味しい食べ方選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。